婦人科系の病気発覚

10:42 in Papayaの日常

みなさま、おはようございます。

ローケーキアーティスト Aya Papayaです。

Aya Papayaの勝手にブログ月間 ☆続編☆

わたしが菜食になった理由 ~パートナーとの出会い~

わたしが菜食になった理由 ~ネパールでの衝撃~

身体の声が聞き取れない~中毒症状とローフードとの出会い~

アーティストとしてのローケーキ職人

日本女性の美とは?

本当の食~本当の自分との出会い~

続いて

婦人科系の病気発覚

以前、ブログに書いたものとかぶりますが、今までの話の流れで大切なわたしの人生の一部なので再度書きます。

子宮頸がんは恐ろしい女性のガンの一つです。

子宮頸がんに関しては、誰でもなり得る病気でもあり、患者数の多い病気でもあります。しかし、進行はゆっくりのため早期発見で完治することができる病気でもあります。

毎年の子宮頸がんの定期検診は政府も勧めています。

わたしも二十歳頃から子宮頸がんの定期検診を受けてきました。

それが、今まで何の問題もなかったのに、今回急に反応が出てしまったのです。

子宮頸部の異形成 レベルⅢ。

発覚し、すぐに手術をしましょうと医師に言われてしまい戸惑いました。

レベルⅢとは中高レベルで、高レベルになるとガンの一歩手前ということです。

ガンに進行する前に円錐切除して、その細胞を取り除きましょうという事でした。

しかし、手術をするということは子宮が短くなること。

身体の一部を失うということ。

女性としての大切な部分を少しでも失うということにショックを受けました。

しかし、同時にガンに進行してしまったら・・・という恐怖もあり、手術の判断を迷っていました。

そして、セカンドオピニオンとして他のお医者さまにも診てもらうことにし、病院探しをしていた頃、大好きな祖母が他界し、命の大切さをさらに突きつけられた時期でした。

もう、悲しみのどん底の様な時、ひょんとやって来たのが新しい命でした。

6-things-your-family-can-do-this-season-to-help-others

怖いことを言うようだけれど、
全世界で毎年27万人もの女性が子宮頸がんで亡くなっています。
時間で換算すると、2分間に1人の女性が命を落としています。
日本でも、毎年15000人の女性の命が奪われいています。
これは、1日に約10人の女性が命を落としているといえるのだそうです。
身近に起こりうる、とっても怖い病気なんです。
でも、早期発見することで完治することはできる。
だから、真剣に向き合って欲しい、全ての女性がかかる可能性があるからこそ、定期検診をお勧めします。
※ワクチンについて、わたしから意見は言えませんが、まだ新しいワクチンであることは頭においておいた方がいいと思います。

子宮頸がんのわかりやすい説明がされているウェブサイトです。

よかったら参考までに。(http://kiseihospital.com/cervix_cancer.html

つづく

—————————————————————–

Aya Papayaのクリスマスケーキのオーダー 受付中です!(12/14締切)

続々とご注文を頂いています。ありがとうございます!

素敵なクリスマスをローケーキと共に☆

merry-christmas

詳しくはこちらのブログで☆

 

Related posts: