ぱらいそ ワークショップしましたー

07:52 in EVENT, Papayaの日常

10月31日ハローウィンの日は、ヒーリングイベント「ぱらいそ」でプチロースウィーツワークショップをしました。

マッサージや占い、癒しアクセサリーなど色んなわくわくが詰まった癒しイベントでした。

そんな中わたしは体を中から癒すロースウィーツのプチワークショップをさせていただきました。

12181826_943373902413268_1233534211_n 12207974_943373889079936_128130590_n 12204862_943373899079935_163774331_n

参加してくださった皆様本当にありがとうございました!

お客様も、イベントスタッフの皆さんも、チャランケのご夫婦も、全てのご縁に感謝です。

ありがとう。

—————–

二条城の近くのお洒落でファンキーカフェ、チャランケさんの一角をお借りして、わいわいワークショップでした。

12096171_880147702067763_5038227271049522188_n 12079726_880147828734417_8762637858861014510_n

沢山の方にご参加頂き本当に嬉しかったです。

45分間と設定していたものの、話が弾みに弾んで気付けば2時間経ってる・・・ということになっていました。

3回させていただきましたが、参加者の皆さんとお話できるのが本当に楽しかったです。

わたしのワークショップは擬音語が多いです。

一応、小学校で6年生に国語教えてたのに、

普段子どもに英会話教えてるのに、

ネパールでは、ネパール語で性教育してたのに、

言葉がヘタクソなんです。

日本語も英語もネパール語も中途半端でルー大柴さんもビックリしちゃうくらいヘタクソなんです・・・(あ、別にルーさんが言語下手ってわけじゃないです)

でも、言葉って面白くってその言語でしか表せない単語って沢山ある!

だからルーさんがあんな話し方になるのもわかる!

日本語に翻訳してもニュアンスが違ってくるから、何か違うーってなるんです。

だから、表しきれない時は擬音語を使います。音で表すのです。

それ以外にもありますが・・・例えばジェスチャーとか常に体を使って話しています。

※そんな人が人にものを伝えないで!と言わないでね。

てことで、誰にでもわかり易い講座となっているつもりです。笑

今回は、わたしがどうやってローフードを始めたか、その時の実践方法などをお伝えしました。

わたしがローフードに出会ったのはネパールに住んでいた頃。そんなちょっと変わったお話もさせていただきながら。

お家ですぐ作れちゃう簡単なものを今回は紹介しました。

(参加者さんには、早速作ってくださった方もおられ、嬉しいお声をいただきましたよー)

試食も、新作のローバニラケーキ(SATORI)も含め色々試食していただきましたー!

12202103_943374419079883_933966151_n

いつも自宅でワークショップしているので、こうやって出張ワークショップも楽しいなと思ったのです。

もし、ご要望あれば、どこでも飛んで行きますので是非お声がけください!テヘ

※イベントの写真は写真家のMioさんに撮っていただいたものです!Mioさんありがとうございました!

———————–

ハローウィンのケーキ、遅くなっちゃったけど

raw halloween pumpkin cake

かわいいの作ってみましたー

バターナッツかぼちゃは生でも食べれるよー

P1250964

シャキシャキしてて、とても美味しいです!

P1250965

Related posts: