使い捨てプラスチックなし生活 大きな気づき

07:18 in No Plastic Challenge

こんにちは~

以前、

プラスチックがいかに海を汚染しているかっていう記事

使い捨てプラスチックなし生活やってみた記事

を書きました。

 

では、今回は

使い捨てプラスチック(プラ包装やペットボトルなど)を使用せずに

実際どんな生活をしていたのか 書きます。

まず、初めたばかりは 正直

献立に困りました。

 

食材の買い物に行っても、食材がそろわない!

 

レタスにキャベツやトマト、きゅうりは裸で売られているものが多い。

りんごやレモン、キウイやパイナップルも大体買える。

ここから連想できるのは、

サラダ

 

芋類、かぼちゃ、ブロッコリーなどは裸で売っていた!

そして、ここから連想できるのは

スープ

 

パン屋さんに行けば、パンを紙袋に入れてくれるので

くるみパン ゲット!!

 

IMG_0949

まずは、サラダから。バターナッツをいただいたので一緒に!

レタス、きゅうり、トマト、バターナッツ、アボカド

味付けは塩レモン

IMG_0950

キャベツと玉ねぎを塩で炒めて、焼き芋を焼いた。

息子のみそ汁もちょっともらってしまった。

IMG_0956

近所のパン屋さんで卵・乳なしくるみパンを発見し、紙袋に入れてもらって購入~!

やったー!

IMG_0957

かぼちゃのスープ(かぼちゃと玉ねぎ 塩で味付け)

シンプルで一番おいしかった!

IMG_0960

サラダ

ジャガイモのスープ(ジャガイモと玉ねぎとココナッツミルクと塩)

IMG_0962

トマト

ブロッコリーのスープ(ブロッコリーと玉ねぎとココナッツミルクと塩)

 

こんな感じで

スープを多めに作って何食かに分けて

ひたすら

サラダ・スープ・パン

のローテーションでした。

 

調味料もペットボトル入りのものはルール違反だし(スーパーで売られているものは大体ペットボトル入りですよね)

健康食品売り場でゲットできる調味料はガラス瓶に入っているけど(いわゆる本物の醤油など)、

キャップがプラスチックだったりと使えず

今回はお塩だけでチャレンジしました。

(オイオイ、塩もプラスチックの袋に入って売られてるじゃねーか! ここは勘弁です…)

 

1週間後

このシンプルな味付けが体にとても心地よく感じるようになりました。

もうたくさんの調味料は必要ない。

食材そのものの味を楽しむことができるからです!

 

あと、フルーツもりんごや梨、キウイなんかもたくさん食べました。

イチヂクは近所の八百屋さんに行ったときプラスチックトレーに入れられていたので、

「これ要りません!また次のに使ってください。」

とお返ししました。

この八百屋さん残念なことに、ほぼすべての野菜をプラで個包装していました。

八百屋さんって新鮮な野菜を裸で売っているイメージだったのに、

ショック…

 

 

で、結果、

1kg減量したよー!

 

いやいや、今回は減量が目的じゃないです。

 

普段の生活にどれだけ、使い捨てプラスチックで溢れているのかを身をもって痛感しました…orz

 

今、日本では

時短 とか 汚れない とか

早ければ早いものがいい!みたいな流れにありますよね。

お皿を汚さないで 包装を開けてチンしたら出来上がり。

なんなら、使い捨てのスプーンなんかで洗い物知らず♪ 的な。

 

でも、スプーン1本を洗う時間も惜しいのでしょうか?

 

そして、衛生面にとーっても敏感になっている世の中

もちろん、菌が繁殖するのはいけないけど、それにしても過敏すぎませんか?

 

今回、1週間だけチャレンジしてみて

ここまでプラスチックに溢れている身の回りにゾッとしました。

これは、1度きりの使い捨てであって、すぐゴミになる。

このゴミは一体どこへいくのか・・・

そもそも、プラスチックは石油で出来ていて

たくさんの化学物質が含まれていて

リサイクルされなかったものはゴミとして焼却されるか、埋め立てられる

それは、空気汚染や土壌汚染に繋がる。

リサイクルされたものは9%だけで、そのリサイクルにも3.5倍の石油が使われているらしい(リサイクルされる過程において)

リサイクルの意味なくない?

プラスチックって、いいこと無いよね?

確かにいろんな面で便利になったけど、過剰すぎてダメな方向に行っていない?

リサイクルするぐらいなら、プラスチックそのものを使わない方がいい。

そう思うようになりました。

 

今自分達がやっていることは、将来絶対自分達に返ってくる。

もしかしたら、自分達の次の世代に残してしまうかもしれないこの問題。

本当に30年後、海に魚の数よりゴミ量が多くなってしまったら

それは誰の責任なのか…

一刻も早く自分達の生活を改めないといけないと痛感しました。

 

このチャレンジをするまで、ここまで深刻にプラスチックのことを考えたことがありませんでした。

きっとこの問題についても、ネットでも本でも読まなかったと思う。

 

この危機的意識は、このチャレンジを実際体験しないとわからないことだと思います。

是非挑戦してみてください!

そして、今わたし達にできること

使い捨てプラスチックを選ばない生活

を一緒にやってみませんか?

 

今回のチャレンジで一人一人の意識が大切だと気づきました。

そして、自分の生活がシンプルになっていく感覚を抱きました。

使うもの、身につけるもの、食べるもの

すべてがシンプルで

選択に困らない

 

 

都会の生活では難しい(特に今の風潮では)かもしれませんが、

誰にでも何かひとつはできることがあると思います。

例えば、

マイエコバッグ、マイ箸、マイボトルを持ち歩く

とか

「袋は要りません」のその一言

など、無限大!

 

今後、わたし自身の生活で

どんな工夫ができるのか、探してみようと思います

また、ここでシェアしますね

 

 

 

Related posts: