使い捨てプラスチックなし生活 大きな気づき

07:18 in No Plastic Challenge

こんにちは~

以前、

プラスチックがいかに海を汚染しているかっていう記事

使い捨てプラスチックなし生活やってみた記事

を書きました。

 

では、今回は

使い捨てプラスチック(プラ包装やペットボトルなど)を使用せずに

実際どんな生活をしていたのか 書きます。

まず、初めたばかりは 正直

献立に困りました。

 

食材の買い物に行っても、食材がそろわない!

 

レタスにキャベツやトマト、きゅうりは裸で売られているものが多い。

りんごやレモン、キウイやパイナップルも大体買える。

ここから連想できるのは、

サラダ

 

芋類、かぼちゃ、ブロッコリーなどは裸で売っていた!

そして、ここから連想できるのは

スープ

 

パン屋さんに行けば、パンを紙袋に入れてくれるので

くるみパン ゲット!!

 

IMG_0949

まずは、サラダから。バターナッツをいただいたので一緒に!

レタス、きゅうり、トマト、バターナッツ、アボカド

味付けは塩レモン

IMG_0950

キャベツと玉ねぎを塩で炒めて、焼き芋を焼いた。

息子のみそ汁もちょっともらってしまった。

IMG_0956

近所のパン屋さんで卵・乳なしくるみパンを発見し、紙袋に入れてもらって購入~!

やったー!

IMG_0957

かぼちゃのスープ(かぼちゃと玉ねぎ 塩で味付け)

シンプルで一番おいしかった!

IMG_0960

サラダ

ジャガイモのスープ(ジャガイモと玉ねぎとココナッツミルクと塩)

IMG_0962

トマト

ブロッコリーのスープ(ブロッコリーと玉ねぎとココナッツミルクと塩)

 

こんな感じで

スープを多めに作って何食かに分けて

ひたすら

サラダ・スープ・パン

のローテーションでした。

 

調味料もペットボトル入りのものはルール違反だし(スーパーで売られているものは大体ペットボトル入りですよね)

健康食品売り場でゲットできる調味料はガラス瓶に入っているけど(いわゆる本物の醤油など)、

キャップがプラスチックだったりと使えず

今回はお塩だけでチャレンジしました。

(オイオイ、塩もプラスチックの袋に入って売られてるじゃねーか! ここは勘弁です…)

 

1週間後

このシンプルな味付けが体にとても心地よく感じるようになりました。

もうたくさんの調味料は必要ない。

食材そのものの味を楽しむことができるからです!

 

あと、フルーツもりんごや梨、キウイなんかもたくさん食べました。

イチヂクは近所の八百屋さんに行ったときプラスチックトレーに入れられていたので、

「これ要りません!また次のに使ってください。」

とお返ししました。

この八百屋さん残念なことに、ほぼすべての野菜をプラで個包装していました。

八百屋さんって新鮮な野菜を裸で売っているイメージだったのに、

ショック…

 

 

で、結果、

1kg減量したよー!

 

いやいや、今回は減量が目的じゃないです。

 

普段の生活にどれだけ、使い捨てプラスチックで溢れているのかを身をもって痛感しました…orz

 

今、日本では

時短 とか 汚れない とか

早ければ早いものがいい!みたいな流れにありますよね。

お皿を汚さないで 包装を開けてチンしたら出来上がり。

なんなら、使い捨てのスプーンなんかで洗い物知らず♪ 的な。

 

でも、スプーン1本を洗う時間も惜しいのでしょうか?

 

そして、衛生面にとーっても敏感になっている世の中

もちろん、菌が繁殖するのはいけないけど、それにしても過敏すぎませんか?

 

今回、1週間だけチャレンジしてみて

ここまでプラスチックに溢れている身の回りにゾッとしました。

これは、1度きりの使い捨てであって、すぐゴミになる。

このゴミは一体どこへいくのか・・・

そもそも、プラスチックは石油で出来ていて

たくさんの化学物質が含まれていて

リサイクルされなかったものはゴミとして焼却されるか、埋め立てられる

それは、空気汚染や土壌汚染に繋がる。

リサイクルされたものは9%だけで、そのリサイクルにも3.5倍の石油が使われているらしい(リサイクルされる過程において)

リサイクルの意味なくない?

プラスチックって、いいこと無いよね?

確かにいろんな面で便利になったけど、過剰すぎてダメな方向に行っていない?

リサイクルするぐらいなら、プラスチックそのものを使わない方がいい。

そう思うようになりました。

 

今自分達がやっていることは、将来絶対自分達に返ってくる。

もしかしたら、自分達の次の世代に残してしまうかもしれないこの問題。

本当に30年後、海に魚の数よりゴミ量が多くなってしまったら

それは誰の責任なのか…

一刻も早く自分達の生活を改めないといけないと痛感しました。

 

このチャレンジをするまで、ここまで深刻にプラスチックのことを考えたことがありませんでした。

きっとこの問題についても、ネットでも本でも読まなかったと思う。

 

この危機的意識は、このチャレンジを実際体験しないとわからないことだと思います。

是非挑戦してみてください!

そして、今わたし達にできること

使い捨てプラスチックを選ばない生活

を一緒にやってみませんか?

 

今回のチャレンジで一人一人の意識が大切だと気づきました。

そして、自分の生活がシンプルになっていく感覚を抱きました。

使うもの、身につけるもの、食べるもの

すべてがシンプルで

選択に困らない

 

 

都会の生活では難しい(特に今の風潮では)かもしれませんが、

誰にでも何かひとつはできることがあると思います。

例えば、

マイエコバッグ、マイ箸、マイボトルを持ち歩く

とか

「袋は要りません」のその一言

など、無限大!

 

今後、わたし自身の生活で

どんな工夫ができるのか、探してみようと思います

また、ここでシェアしますね

 

 

 

使い捨てプラスチックなし生活やってみた

05:51 in No Plastic Challenge

こんにちは~!

前回海ではとんでもないことが起こっていますよの記事を書いて、

それから図書館で環境のことについて読んでたら

いても立ってもいられなくなり

1週間 使い捨てプラスチックを使わない生活をしてみました!

その名も

ノープラチャレンジ☆

感想は…

必然的にシンプルな生活になる!

ダイエットにもなる!

でした。

特に、今住んでいる実家が大阪市内で、昔ながらの八百屋さんとかが少ない。(近所にはない)

スーパーに行ったら大体全部プラスチックで驚きました。

今まで、そこまで意識して買い物したことがなかったから、

日本はここまで過剰包装をしているのか‥・・とショックでなりませんでした。

結構厳しい結果になりました。

ノープラチャレンジ☆ダイエットなんかもできそうですね。笑

実際1週間で1キロ減りました。。。

 

今回のルール(自分だけに課したルール)

・使い捨てプラスチック包装のものを買わない・使わない

・ペットボトルを買わない・使わない(水以外)

これで1週間 やってみました

IMG_0923

IMG_0926

IMG_0928

野菜のプラスチック包装は8割くらい?

IMG_0924  IMG_0927

フルーツのプラスチック包装は9割くらい?

IMG_0929

肉のプラスチック包装100%(いつも食べないけど、一応撮ってみた)

IMG_0931

醤油やみりんなんかもペットボトルなので使わない

IMG_0932

スナック菓子も100%プラスチック包装なので食べない

IMG_0933

目についたのが、裸で売られてるお惣菜類

IMG_0934

お惣菜テイクアウトの袋もやっぱりプラスチック

IMG_0935

ヨーグルトやパックのドリンク類も、結局紙とプラスチック(紙だけじゃ液体漏れるよね)

IMG_0937

もちろん、ペットボトルの飲料は飲みません。

でも、水だけは勘弁!

大阪市内にいると湧水を汲みに行けないので命の水は買わせてください。。。

(京都や滋賀にはとってもおいしい湧水があっていつもそれを汲みに行ってた)

IMG_0938

冷凍食品も、もちろん100%プラスチック包装

IMG_0941

スーパーじゃ、お米もプラスチックに入って売られてますよね~

 

で、結局この日(チャレンジ初日)に買えたものはこれだけ↓

どーん!!!

IMG_0939

え!?マジ??

ちなみに、芋類(じゃがいも、さつまいも)や玉ねぎ、大根やかぼちゃ「まるごと」も裸で売っていましたが

今回は買いませんでした。

色々見て回って、自分が欲しいと思うもので

プラスチック包装されていないのがたったこれだけ…

ガーン・・・

もちろん、マイバッグでお持ち帰り。

IMG_0940

パッと目についたアスパラさん。裸で売ってる!と思って一旦籠に入れましたが

気づけばプラスチックのテープで巻かれてるではないか・・・

だめじゃーん!!

てことで、買えませんでした。

びっくりびっくりびっくり・・・

1週間始まったばっかりやのに、1日目からやる気がなくなってしまった。。。

本当に

日本の過剰包装を思い知った初日でしたorz

 

ちなみに、見ての通り、たんぱく質が一切購入できませんでした

だから息子ちゃんを巻き込むのは危険だと判断し、息子には別にたんぱく質の食材を購入しました。

IMG_0943

大豆製品ばっかりです。(納豆とおあげさん、枝豆LOVEな我が息子です)

きゅうりは水分補給のため。

(うちは、ヴィーガン育児です)

 

 

スーパーへ買い物に行けば、プラスチックをたくさんみるし、

都会限定のショッピングモールのウィンドーショッピングも

プラスチックを見るのが嫌になって行く気が失せました。

どこもかしこもプラスチックだらけやんけーーーー!!!

と叫びたい。

 

次回は実際どんなものをこの1週間食べたのかをご紹介します。

 

 

 

 

海からの警告

06:03 in No Plastic Challenge

30年後の海には、魚の数よりゴミの量が多い

そんなことが現実になってしまったら…

(※世界経済フォーラムが算出。海の中の重量だけで比較した場合、このままでは2050年には魚よりもごみの量が上回ってしまうとの予測。)

わたしの息子が30年後、今の自分と同じ年齢になって、彼に家族ができた時、彼の子ども(つまりはわたしの孫)は海水浴なんてできるんだろうか。

 

今、警告が鳴らされています。

みなさんには聞こえていますか?

実はずっとずっと前から鳴っていたそのサイレン。

耳のいい人だけが聞こえているのでしょうか?

いいえ、現実を見ようとしている人にだけ聞こえているんだと思います。

 

今、メディアでも取り上げられるようになったこと。

プラスティックの大量生産と大量消費

そのプラスティックは一体どこへ行くんでしょうか?

今一番問題になっているのが、

使い捨てプラスチック

一度だけ使って、捨ててしまう。

例えば、

ストロー

食品の包装

レジ袋

ペットボトル

テイクアウト用の容器

プラスティックのカトラリー(スプーンやフォークなど)

今やプラスティックから出来ているものはわたし達の身の回りに溢れています。

 

でも、ご存知でしたか?

プラスティックが自然に分解されるまでには100年から1000年かかると言われています。

さらに、過去10年で製造されたプラスティックの量は、その前の100年間に製造された総量を越えているそうです。

このままプラスティックが製造・消費され続けたらいったいどうなるのでしょうか・・・

 

ではまず、

プラスティックが原因で起こっている現実とは一体何でしょうか。

・海の動物が被害に遭っている

魚やウミガメ、渡り鳥がプラスティックを餌だと思って食べてしまう。また、流れているプラスティック製品に絡まって身動きが取れなくなる。など

・マイクロプラスチックの脅威

細かく砕かれたプラスティックは化学物質を海に放出しながら流れつづける。

・有害物質

石油から出来ているプラスチックは、油に溶けやすいPCBなどの有害物質を表面に吸着させる働きを持っている。これを海鳥や魚が食べると、有害物質が体内に溶け出し、脂肪や肝臓にたまっていく。

・人体への健康被害

汚染された海洋生物を食べると人体への影響も懸念される。知らず知らずのうちにプラスティックを食べていることになる。

このようなことが分かっているのに、2018年6月に開催されたG7首脳会議では、日本と米国だけが「G7海洋プラスチック憲章」に署名せず、海のプラスチック汚染に対処する姿勢を示しませんでした。

_101680269_ngm_0618_plastics_009b _101683652_ngm_0618_plastics_007

_101680273_ngm_0618_plastics_008

(※写真はBBCニュースより)

 

「え?でもプラスチックってリサイクルされてるんでしょ?」

わたしもそう思っていました。

だって、ゴミの日に「ペットボトルの日」とか「プラスチックの日」とかある自治体もありますよね。

でも、実はリサイクルされているのはたったの9%だそうです。 ガーン

残りの91%は、大部分の79%は埋め立て処分されたか,さもなければ海洋などの自然環境に投棄されましたとの報告があります。

(※プラスチックの海より)

 

こうして今でも刻一刻とプラスティックの影響は広がり、未来の美しい海が消えつつあるのです。

まずは、現実を知ること。

そして、その現実を受け止めることが大切だと思います。

 

政府がその現実と向き合わない中、

わたし達には一体何ができるのでしょうか?

そこで、世界で行われているプラスチックフリー運動に辿り着きました。

No Plastic Challenge

その名も

ノープラ チャレンジ!!

ルールは簡単

使い捨てプラスティックを使わない。

それだけです。

簡単に聞こえますよね?

ところがどっこい、結構難しいんです。

まずは、1週間を目標に取り組んでいます。

 

今回は、長くなったので、また次回このNo Plastic Challengeについて書きますね!

 

↓参考リンク↓

・グリーンピース 「プラスチックフリーの暮らしをつくろう

TABI LABOの記事

・プラスチックの海の記事

・クローズアップ現代の記事

BBCニュースの記事